日常に役立つ知恵の図書館

雑学の図書館

子供の予防接種、どうして受けない人がいるの?

      2016/05/28

子供の予防接種、どうして受けない人がいるの?

母子手帳のスケジュールどおりに子供の予防接種をしていますか?

周りがみんなやっているから、そんな理由でワクチンを受けていないでしょうか?

医療機関が指導するとおりのワクチンを肯定する意見が多いものの、最近では、子宮頸がんの予防接種の被害がだんだんと明らかになり、予防接種の怖さを改めて考えさせられたと思います。

今回は、予防接種を受けない理由や医学的に証明されていることをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

02429f65fdef924dd9c7fb5507e0690b_s
京都や大阪の観光地に行きたい!

関西の観光地と言えば、やはり京都を思い浮かべる人が多いと思い...

376ec1eb0aea948f7c18b22f32d95236_s
法人税は未納消費税があると充当される仕組みとは?


法人税とはその会社が得た所得に対して課される税の...

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s
大学受験で失敗する人の特徴ってある?

大学受験には決して失敗したくないですよね。
...

102ffe004b576ce112262ecadefbb741_s
大学に入ってからも勉強が大変な理系の学生

大学には色んな学部があり、文系と理系とに分けられますが、この...

7f1f0a3ee3ceb90cb2bee842a1662a29_s
カラオケの部屋にカメラは付いてる?

友達とのカラオケは盛り上がりますよね~
盛り上...

5ea9da2e02a3cb3130a4272d445fd116_s
セリーグとパリーグの人気の違いと実力とは?


かつて「人気のセリーグ、実力のパリーグ」と言われ...

d3b47bebcd3bfe8f09734d450ad28f3f_s
心配!子どもの視力が0.4!

最近子どもの視力低下が問題となっています。
...

d5e3fa06d447e7bf8423ca35cb814cca_s
歯医者で麻酔をしたら眠気に襲われる?

歯医者で麻酔を使用しての治療の後眠気に襲われる事ってあります...

802f478894f5c15a2506130411b7725f_s
救急車のサイレンを鳴らさないで来てほしい

救急車は緊急車両なのでサイレンを鳴らしながら走りますよね。 ...

e486bcc0da78030bfeb6b62da4b6f9d4_s
大学時代にもっと勉強すればよかったと後悔しないために

大学に入ると受験勉強から解放され、ついつい遊びに夢中になって...

a1180_012200
賃貸マンションの壁紙張替は誰が負担するの?


賃貸マンションやアパートを退去する時に、壁紙のト...

taka160421400i9a2651_tp_v
大学の奨学金、連帯保証人はどうする?


大学の費用を事前に用意できるご家庭は、最近少なく...

5a5fba869dc89f8a5e20aeca396c5ba7_s
国立大学の学費は、そりゃ私立大学よりは少ないけどね!


子どもの大学進学を考えたら、どんなに本人が希望し...

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s
吹奏楽部初心者必見!!楽器のおすすめ教えちゃう!


初めて吹奏楽部という皆さん、演奏してみたい楽器は...

2e4efb28a402100b6642814b392ea9e5_s
大学入試の志願表、どんな写真を使う?


大学入試の志願表に貼る写真は、それぞれの大学のル...

43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s
どうしよう!赤ちゃんが成長曲線から下回っちゃった


目まぐるしく変わる赤ちゃんの成長。

7d9e4729f8b17a83396cc4a9172aa0d2_s
高校のテストは最初が肝心!?


高校に入ったばかりの最初のテスト、大学受験や就職...

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s
どうしよう!アトピーで顔が真っ赤になった!

顔にアトピーが出てしまうと真っ赤になってとてもツライですよね...

2902b9cc969749c0e1478baaeab15c35_s
お腹がゴロゴロ これって胃腸炎?

冬になると胃腸炎になる人が増えるのでお腹がゴロゴロしてきたら...

c3b7ea6fbe74336f036745b0e1f8bb22_s
セブンイレブンでcd購入するといいことある!?


最近は、音楽をネットで購入する人が増えてきました...

スポンサーリンク


Q.自分の子供の予防接種を受けない人っているんですか?

予防接種を受けていない方(子供さんでも)、受けて後悔した方意見をください
1歳半の赤ちゃんがいます。

DTP2回、BCGのみ予防接種をしました。

主人が予防接種はよくない派を研究して、受けないほうがいいのでは?
といっています。私は必要な最低限は受けたほうがいいのかと思っています。

私の周りの知り合いでお医者さんが何人かいます。

そのお医者さんの子供たち、孫たちは予防接種をさせていないとききます。

することとすすめるお医者さんなのに、自分の子にはさせないそうです。

そういう意見を聞くと、デメリットが高いんだと思います。

予防接種をしたからその病気にかからない、かかっても軽症だというのも
実験したわけではないのでわからないことらしいです・・・

そこで、予防接種を受けていない方(子供に受けさせていない方)
その後、受けるべきだったと思ったのか、受けなくてよかったのかなどなど意見をください

引用元-予防接種を受けていない方(子供さんでも)、受けて後悔した方… – Yahoo!知恵袋

A.私が思う、子供の予防接種を受けない理由とは

親戚に自閉症児がいるので妊娠中に予防方法はあるか調べていくうちに予防接種が腸免疫に影響を与えて色んな病気の引き金になると知りました。
(自閉症もその1つ。勿論原因は複雑で予防接種は引き金に過ぎません)

予防接種に関する本は沢山出ているので読んでみてはいかがでしょうか。

私は20冊ほど読みましたが読めば読むほど、接種させたくないと思いました。

もうすぐ出産予定ですが1つも接種させるつもりはありません。

引用元-赤ちゃんの予防接種について(夫からは定期予防接種も任意予防接種も受けさすなと言われています):育児の悩み相談・雑談掲示板

研究からわかった予防接種を受けない子供の健康状態

「ワクチン未接種の子供の健康状態:ワクチン未接種児の病気(State of Health of Unvaccinated Children: Illnesses in Unvaccinated Children)」(2011年8月発行)のデータよると、ワクチン未接種の子供は、アレルギーやぜんそくなどの一般的な病気にかかる確率がずっと低いことがわかる。

またドイツでは、0歳から17歳までの間の子供、17,461名を対象に研究が行われた。

この「幼児・青年の健康に関する聞き取りおよび診察による調査 (KiGGS)」の結果からは、3~17歳の子供のうち40%以上が、テスト対象のアレルギー誘発物質(一般的なアレルギー誘発物質20種に対してテストが行われた)のうち一つ以上に対して反応を見せ、22.9%がアレルギー関連の疾病を持っていたことが判明している。

上記の調査・KiGGSではまた、ドイツ国内の子供のうち12.8%にヘルペスがあり、11%が中耳炎(中耳の炎症)に苦しんでいるという。

ワクチン未接種の子供に関する研究と比較するとどうだろう。それによれば、ワクチン未接種の子供でヘルペスに罹っている者は非常に稀であることが見積もられている(0.5%以下)。

B型肝炎に関する供述書の中で、Phillip Incao博士は次のように述べている。

「研究を行ったワクチン未接種の子供は、ワクチンを接種した子供に比べ、より、健康で耐久力があり、丈夫であることがわかりました。

アレルギーやぜんそく、顔色の悪さ、問題行動や注意力の散漫などは、ワクチン接種済みの若い子供の間でより高い確率で見られることは明白です。

一方、ワクチン未接種の子供は、ワクチン接種済みの子供と比較して、感染症への羅漢率が高いわけでもなく、重症になることもありませんでした。

全体的に、未接種児の免疫システムは感染症というチャレンジに対してとてもよく、対応できていたのです」

引用元-ワクチンを受けない方が健康的 衝撃的な研究結果|世界の裏側ニュース

予防接種とは

免疫をつけて病気から守る「予防接種」

「感染症」とは、ウイルスや細菌などの病原体によって起こる病気です。

世界的にみても子どもの死亡原因の第1位であり、衛生環境が整った日本においても、細菌性髄膜炎、はしか、百日せきなど、乳幼児の命にかかわるものや後遺症を残すおそれのある病気がいまだ多くあります。

予防接種(ワクチン)は、これら病原体に対して免疫(抗体)をつけるもので、感染症から命を守るための非常に効果の高い手段のひとつですから、きちんと受けましょう。

受ける時期や場所、通知方法などを事前に確認
予防接種は、基本的にかかりつけの医療機関で受けます(個別接種)。赤ちゃんの場合は、かかりつけの小児科医と相談してスケジュールを組みましょう。

定期接種は、受けられる期間や施設が決められている市区町村もあります。日程や施設については、役場から各家庭に通知する地域や、広報紙などで告知する地域があります(ホームページに予防接種の案内を掲載している役場もあります)。接種の機会をのがさないよう、地域の告知方法を確認しましょう。

引用元-予防接種を受けましょう – 母子健康手帳の副読本|赤ちゃん&子育てインフォ

あまり伝えられていないが、実はデメリットが多い予防接種

ワクチンは劇薬に指定されており、あらゆる薬剤と同様に副作用があります。

副作用には軽症から重症まで様々なものがありますが、最悪の場合は死亡する場合もあります。

接種後早期の、ワクチンとの関連が分かりやすい反応には、発熱、接種部の発赤・腫脹、下痢、嘔吐、じんましん、アナフィラキシーショック、死亡 などがあります。

これらは、比較的頻度も高いものが多く、分かり易いので、非常に多く解析され、論文にもなっています。

医師を含め通常副作用といった場合にはこれらを連想します。

自然に感染した場合の症状に比べワクチンの副作用がはるかに軽い、ということを指摘してワクチン接種を積極的に勧められることがあります。

前回の記事にも書きましたが、このような考えは、長期的、超長期的な視点が欠如していると言わざるを得ません。

早期の副作用も重要ですが、本当に問題になるのは、接種後時間がたってからのワクチンとの関連が分かりにくいもの(=長期の副作用)にあります。

さらに重要なのは、長期の副作用の情報はほとんど一般には知らされないですし、医者や専門家ですら知らないことが多いということです。

ワクチン開発時や接種開始後にはワクチンの安全性試験が必要で、論文として報告されますが、その後の長期間の調査がなされることはほとんどありません。

長期の副作用を検討するためには、個々のワクチンだけをみていても分からないことも多く、より包括的に様々な面からワクチンと病気との関係をみる視点が必要です。

まず、ワクチンとの関連が強いと報告されている疾患をみてみましょう。

・突然死(SIDS、揺さぶられっこ症候群)、
・脳障害(自閉症、LD、ADHD)、てんかん
・神経疾患(ADEM、MS、ギランバレー症候群)
・アレルギー(アトピー性皮膚炎、喘息、食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎)
・自己免疫疾患(SLE、リウマチ、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病))
・ガン、糖尿病、腎障害、肝障害、胃腸障害、心障害
・失神、骨折、耳疾患、皮膚疾患、関節炎、出血凝固異常、敗血症、睡眠障害、流産、先天異常
など

つまり、ほとんどすべての病気と言ってよいでしょう。

引用元-ワクチンの問題点 その3ワクチンに対する情報(効果や副作用)が正確に伝わっていない⑤|自然派医師のブログ

予防接種は受ける派です

☆やはり受けることをオススメします

個人的な見解ですが、予防接種は受ける派が圧倒的に多いです。

受ける派の理由として、1番は、ワクチン接種で防げる病気があるのなら、わが子のためでもあるが、自分や家族、お友達など周りにうつさないことも大切、という考えから来ているようです。

ただ、任意接種も医学的には定期との差はないとは言え、自治体によって接種費用の助成がバラバラです。

おたふくも水疱瘡も、完全に助成してくれるところもあれば、全額自己負担、しかも取り寄せですぐには接種できないなど、病院の対応もバラバラ。

任意接種をしたいと思ったワクチンは、一旦保健センターなどに問い合わせるか、かかりつけ医に相談するといいでしょう。

☆最後はやはりご家庭の判断で

結局最後はご家庭の判断で、というところに着地してしまいました。

因果関係は別として、予防接種後に死亡したというニュースを見ると、怖くなるのは当然です。それこそ、わが子のためを思えばこそ尚のことですよね。

副反応・副作用が全く出ないワクチンは、今のところありませんが、出にくい工夫はなされているので、私自身は過剰に心配しなくてもいいのではないかと思っています。

引用元-子どもの予防接種を受ける・受けないの選択と理由 | MARCH(マーチ)

受けるべきか受けないべきか

副作用の心配は?!

副作用の心配がないとは言い切れません。
副作用が重症化する割合は?

まれに、副作用による高熱で死亡したという事実もあります。ニュースを耳にすると、ママは大きな不安に駆られますよね。
死亡や後遺症に繋がる副作用の発症例は、数万人に1人の割合と、かなり低くなります。

その割合をどう捉えるか

かなり低い割合を「きっと大丈夫だろう」と考えるか、「0ではない。もしかしたら…」と最悪の事態を想定するか、それは親の判断です。

副作用については接種前に必ず説明があるはずで、それを承知のうえ受けるのである事を忘れてはいけません。

引用元-任意の赤ちゃんの予防接種は受けるべき?そのメリットとデメリット | mama’s up(ママズアップ)

twitterの反応

 - 子育て

ページ
上部へ