日常に役立つ知恵の図書館

雑学の図書館

睡眠薬を処方されても、長期間服用しないほうがいい?

   

睡眠薬を処方されても、長期間服用しないほうがいい?

不眠の症状がある場合病院へ行き診察してもらうと睡眠薬を処方してもらえます。

睡眠薬は安全なものですが、この睡眠薬を服用すると眠れるからといって長期間服用すると睡眠薬に依存してしまうという危険性があります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

02429f65fdef924dd9c7fb5507e0690b_s
京都や大阪の観光地に行きたい!

関西の観光地と言えば、やはり京都を思い浮かべる人が多いと思い...

376ec1eb0aea948f7c18b22f32d95236_s
法人税は未納消費税があると充当される仕組みとは?


法人税とはその会社が得た所得に対して課される税の...

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s
大学受験で失敗する人の特徴ってある?

大学受験には決して失敗したくないですよね。
...

102ffe004b576ce112262ecadefbb741_s
大学に入ってからも勉強が大変な理系の学生

大学には色んな学部があり、文系と理系とに分けられますが、この...

7f1f0a3ee3ceb90cb2bee842a1662a29_s
カラオケの部屋にカメラは付いてる?

友達とのカラオケは盛り上がりますよね~
盛り上...

5ea9da2e02a3cb3130a4272d445fd116_s
セリーグとパリーグの人気の違いと実力とは?


かつて「人気のセリーグ、実力のパリーグ」と言われ...

d3b47bebcd3bfe8f09734d450ad28f3f_s
心配!子どもの視力が0.4!

最近子どもの視力低下が問題となっています。
...

d5e3fa06d447e7bf8423ca35cb814cca_s
歯医者で麻酔をしたら眠気に襲われる?

歯医者で麻酔を使用しての治療の後眠気に襲われる事ってあります...

802f478894f5c15a2506130411b7725f_s
救急車のサイレンを鳴らさないで来てほしい

救急車は緊急車両なのでサイレンを鳴らしながら走りますよね。 ...

e486bcc0da78030bfeb6b62da4b6f9d4_s
大学時代にもっと勉強すればよかったと後悔しないために

大学に入ると受験勉強から解放され、ついつい遊びに夢中になって...

a1180_012200
賃貸マンションの壁紙張替は誰が負担するの?


賃貸マンションやアパートを退去する時に、壁紙のト...

taka160421400i9a2651_tp_v
大学の奨学金、連帯保証人はどうする?


大学の費用を事前に用意できるご家庭は、最近少なく...

5a5fba869dc89f8a5e20aeca396c5ba7_s
国立大学の学費は、そりゃ私立大学よりは少ないけどね!


子どもの大学進学を考えたら、どんなに本人が希望し...

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s
吹奏楽部初心者必見!!楽器のおすすめ教えちゃう!


初めて吹奏楽部という皆さん、演奏してみたい楽器は...

2e4efb28a402100b6642814b392ea9e5_s
大学入試の志願表、どんな写真を使う?


大学入試の志願表に貼る写真は、それぞれの大学のル...

43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s
どうしよう!赤ちゃんが成長曲線から下回っちゃった


目まぐるしく変わる赤ちゃんの成長。

7d9e4729f8b17a83396cc4a9172aa0d2_s
高校のテストは最初が肝心!?


高校に入ったばかりの最初のテスト、大学受験や就職...

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s
どうしよう!アトピーで顔が真っ赤になった!

顔にアトピーが出てしまうと真っ赤になってとてもツライですよね...

2902b9cc969749c0e1478baaeab15c35_s
お腹がゴロゴロ これって胃腸炎?

冬になると胃腸炎になる人が増えるのでお腹がゴロゴロしてきたら...

c3b7ea6fbe74336f036745b0e1f8bb22_s
セブンイレブンでcd購入するといいことある!?


最近は、音楽をネットで購入する人が増えてきました...

スポンサーリンク


日本は睡眠薬の処方期間が長すぎる・処方量が多すぎる?

日本における向精神薬の多剤処方・大量処方は以前より問題となっています。

特に依存性のあるベンゾジアゼピン系睡眠薬の大量処方は海外からも批判されることが多く、我が国も最近はこれらのおくすりの処方制限を促すような政策を導入し始めています。

最近ではメラトニン受容体作動薬(商品名ロゼレム)やオレキシン受容体拮抗薬(商品名ベルソムラ)など、ベンゾジアゼピン系以外の睡眠薬の開発も相次いでいますが、未だ睡眠薬の主流はベンゾジアゼピン系なのが実情です。

誤解してはいけませんが、ベンゾジアゼピン系睡眠薬は悪者ではありません。大量処方、依存、薬漬け・・・、このような問題がメディアに報道されることで睡眠薬が悪者のような扱いを受けていますが、これは大きな間違いです。

必要のある人が必要な分だけ使うのであれば、これは何の問題もありません。睡眠薬のおかげで救われた、と感謝しているという人も多いはずです。

問題は、本来は必要がない人にまで投与してしまったり、投与が必要な期間が過ぎているにも関わらず漫然と投与を続けているようなケースです。

日本はこれらに該当するケースが海外と比べて多いと考えられており、「安易に睡眠薬を処方しすぎだ!」「漫然と長期間投与しすぎだ!」という批判を受けています。

引用元-日本は睡眠薬の処方量が多すぎる!これって本当なの?

睡眠薬は処方されても服用期間より早めに中止した方がいい?

睡眠薬を服用期間よりも早めに中止すると、副作用などが出る可能性があります。

これは強い睡眠薬ほど薬の効果が強く、体に残りやすいからです。

突然薬の服用を中止すると、体のバランスや睡眠のリズムが崩れ、さらに症状が悪くなる可能性もあるのです。

症状がぶり返して、さらに眠れなくなることも有るため、大変危険です。

また、薬によっては不安を抑える効果があるものも含まれるため、眠れないだけでなく理由も無く不安になったり、眩暈やふらつきなどの症状が出る事もあります。

睡眠薬をやめるときは、計画的に薬の量を減らし、徐々にならしながら様子を見る必要があるのです。

そのため、眠れるようになってきた場合は医師に相談して、より軽めの薬にして貰うか、2日に1度などと時間をおいて服用するようにしていき、全く薬がなくても眠れるようになれば不要と言う形になります。

服用をやめたくなったらまず医師に相談し、経過が順調なのを確認してから止めたが良いのです。

引用元-睡眠薬を処方してもらう期間はどれくらい? | ウェルデポ

睡眠薬の処方に制限があるのは長期間服用しないため

睡眠薬の投与制限

睡眠薬の服用には投与制限があります。

多くの睡眠薬は30日以内までしか処方できないという決まりがあります。

例外として「セルシン」「ベンザリン」という薬は90日以内。

「アモバン」「リスミー」「デパス」という薬には投与制限がありません。

なぜこのような投与制限が設けられているのか?

その理由のひとつが、睡眠薬の依存性です。

服用が長引けば長引くほど依存性や副作用などが強くなる可能性がある。

だから投与制限を設けている。

考えてみれば実に簡単で明確な理由ですよね。

ここで注意したいのは、投与制限が設けられていない睡眠薬です。

投与制限が設けられていない睡眠薬は依存性や副作用が少ないと言われています。

しかし、実際に投与制限が設けられていない睡眠薬を服用した人の中には、依存性や副作用に悩んでる人もいるという事実があります。

常用量でも依存の可能性がある

薬には「常用量」というものが存在します。

簡単にいうと安全かつ効果がある薬の服用量です。

病院で医師が薬を処方する際にも、この常用量を参考にしていまいます。

しかし睡眠薬の場合、医師に指定された常用量を守って薬を服用しても、服用期間が長引けば長引くほど身体依存が発生する可能性があるのです。

こうした常用量を守った薬の服用でも薬に強く依存してしまう可能性が高いため、先ほど書いた投与制限も設けられているんですね。

睡眠薬は、不眠に悩む人にとっては大きな効果があります。

しかし睡眠薬には服用期間の長期化に伴う依存の危険が潜んでいるのです。

睡眠薬を短期間に限って使用して、不眠の症状を改善した人はたくさんいます。

しかし、一度睡眠薬を服用してそこから依存に陥ってしまい、断薬に苦しむ人がいるのも事実です。

睡眠薬を長期間飲む場合には、依存の可能性があることを十分理解するようにしましょう。

引用元-睡眠薬を長期間飲むと依存する!? | 睡眠薬に頼らない不眠症克服

どうやって睡眠薬を断薬していくか

1.漸減法(ぜんげんほう)

漸減法は、薬の量を4分の1ずつ減らしていくという方法です。

漸減法が使われるのは、作用時間の短い「超短時間作用型」や「短時間作用型」の睡眠薬をやめるときです。

たとえば、マイスリーやハルシオンなどは、作用時間の短い睡眠薬です。

これらのタイプの睡眠薬は、反跳性不眠が生じやすいという欠点があります。

そのため、漸減法を使って数か月のスパンで減薬していくのがポイントです。

2.隔日法(かくじつほう)

服用間隔を1日おき、数日おきというように広げていくのが隔日法です。

作用時間の長い「中間作用型」「長時間作用型」の睡眠薬を服用している場合は、丸一日経過しても薬の血中濃度がそれなりに残っています。

そのため服用日数に間隔があっても反跳性不眠を起こしにくく、隔日法を用いて減薬していくことが可能です。

3.置換法

作用時間の短い睡眠薬は断薬するのが難しいものです。

1で述べた漸減法ではどうしても薬をやめられない、という方もいます。

そういったときに用いられるのが「置換法」です。

この方法は、使用する睡眠薬を作用時間の長いものに変更してから、漸減法と隔日法を組み合わせて減薬していくという方法です。

睡眠薬の変更をともなうため、一時的に不眠症状が強く出る危険性もあります。

引用元-睡眠薬のやめ方を知って「反跳性不眠」をから身を守ろう!

本当に睡眠薬は必要ですか?

そもそもあなたは本当に睡眠薬が必要でしょうか?どこからが不眠といい、どこまでが正常なのでしょうか?

もしも、眠れないことにちゃんとした意味があったとしたら。
もしも、夜中に起きてしまうことが人間の生理的本能だったとしたら。

本当にあなたは睡眠薬を飲む必要性があるのでしょうか。

☑眠れないのには意味がある

不眠になると、気がめいり、うつ病になりやすくなると言います。

しかしまだハッキリとした確証はされていませんが、眠れないのは、うつ状態の気分を晴らすためだという説も出てきています。

江戸時代の健康的な生活を支えてきたと言われる「養生訓」という本にも、このような記載があります。

“ねぶりをすくなくすれば、無病になるは、元気めぐりやすきが故也。ねぶり多ければ、元気めぐらずして病となる。

一言でいうと、眠りが多ければ心とカラダが病気になるよ。という意味です。

じっさいに、昼過ぎまで寝坊してしまった日は、疲れが取れるどころか、心が憂鬱になり、カラダにもダルさが残ることがありませんか?

反対に、いやいやでも早起きをしてみると、1日が長くなり、得したような清々しい気分になります。

なかなか寝付けない夜は、カラダが意図的にあなたを元気づけようすることで、断眠するという選択をしているのかもしれません。

☑夜中に目が覚めるのは人間の生理的本能

やっと眠れたと思っても、夜中に目が覚めてしまうと、罪悪感を覚えることがあるかもしれません。

しかし、歴史学者であるロジャー・エキリッチ氏は、著書の「At Day’s Close: Night in Times Past」にて、「むかしは夜中に目覚めて活動し、また朝まで眠るという“二度寝”が当たり前だった」という内容を記しています。

それは16年間にもわたる研究をまとめた歴史的集大成であると言われています。

このように1日の睡眠を分けてとる事を「多相睡眠(たそうすいみん)」と言います。

昔の人は「多相睡眠」が当たり前で、夜中に起きて祈ったり、トイレへ行くだけでなく、近所に散歩に出かけ、おしゃべりをして夜中を過ごし、また朝まで眠るという二度寝をしていたそうです。

しかし、しだいに産業が発達していき、夜にまとめて眠り、昼は働くという流れをとるほうが効率がいいとされ、1920年代には、完全に消滅していきました。

引用元-睡眠導入剤の副作用|服用前に読んでおきたい4つの警告

twitterの反応

 - 健康

ページ
上部へ