日常に役立つ知恵の図書館

雑学の図書館

猫の避妊手術は危険?メリットとデメリット

   

猫の避妊手術は危険?メリットとデメリット

猫を飼われている方が必ず悩むのが「避妊手術」ではないでしょうか。

そのメリットの大きさはご存知かと思いますが、やはり手術となるとそれなりのデメリットも付き物です。

避妊手術後の適切な対応や、実際にあった体験談を元にまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

02429f65fdef924dd9c7fb5507e0690b_s
京都や大阪の観光地に行きたい!

関西の観光地と言えば、やはり京都を思い浮かべる人が多いと思い...

376ec1eb0aea948f7c18b22f32d95236_s
法人税は未納消費税があると充当される仕組みとは?


法人税とはその会社が得た所得に対して課される税の...

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s
大学受験で失敗する人の特徴ってある?

大学受験には決して失敗したくないですよね。
...

102ffe004b576ce112262ecadefbb741_s
大学に入ってからも勉強が大変な理系の学生

大学には色んな学部があり、文系と理系とに分けられますが、この...

7f1f0a3ee3ceb90cb2bee842a1662a29_s
カラオケの部屋にカメラは付いてる?

友達とのカラオケは盛り上がりますよね~
盛り上...

5ea9da2e02a3cb3130a4272d445fd116_s
セリーグとパリーグの人気の違いと実力とは?


かつて「人気のセリーグ、実力のパリーグ」と言われ...

d3b47bebcd3bfe8f09734d450ad28f3f_s
心配!子どもの視力が0.4!

最近子どもの視力低下が問題となっています。
...

d5e3fa06d447e7bf8423ca35cb814cca_s
歯医者で麻酔をしたら眠気に襲われる?

歯医者で麻酔を使用しての治療の後眠気に襲われる事ってあります...

802f478894f5c15a2506130411b7725f_s
救急車のサイレンを鳴らさないで来てほしい

救急車は緊急車両なのでサイレンを鳴らしながら走りますよね。 ...

e486bcc0da78030bfeb6b62da4b6f9d4_s
大学時代にもっと勉強すればよかったと後悔しないために

大学に入ると受験勉強から解放され、ついつい遊びに夢中になって...

a1180_012200
賃貸マンションの壁紙張替は誰が負担するの?


賃貸マンションやアパートを退去する時に、壁紙のト...

taka160421400i9a2651_tp_v
大学の奨学金、連帯保証人はどうする?


大学の費用を事前に用意できるご家庭は、最近少なく...

5a5fba869dc89f8a5e20aeca396c5ba7_s
国立大学の学費は、そりゃ私立大学よりは少ないけどね!


子どもの大学進学を考えたら、どんなに本人が希望し...

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s
吹奏楽部初心者必見!!楽器のおすすめ教えちゃう!


初めて吹奏楽部という皆さん、演奏してみたい楽器は...

2e4efb28a402100b6642814b392ea9e5_s
大学入試の志願表、どんな写真を使う?


大学入試の志願表に貼る写真は、それぞれの大学のル...

43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s
どうしよう!赤ちゃんが成長曲線から下回っちゃった


目まぐるしく変わる赤ちゃんの成長。

7d9e4729f8b17a83396cc4a9172aa0d2_s
高校のテストは最初が肝心!?


高校に入ったばかりの最初のテスト、大学受験や就職...

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s
どうしよう!アトピーで顔が真っ赤になった!

顔にアトピーが出てしまうと真っ赤になってとてもツライですよね...

2902b9cc969749c0e1478baaeab15c35_s
お腹がゴロゴロ これって胃腸炎?

冬になると胃腸炎になる人が増えるのでお腹がゴロゴロしてきたら...

c3b7ea6fbe74336f036745b0e1f8bb22_s
セブンイレブンでcd購入するといいことある!?


最近は、音楽をネットで購入する人が増えてきました...

スポンサーリンク


ページの目次

Q.猫の避妊手術後の食欲低下は危険ですか?

避妊手術後の猫の様子について。

我が家の1歳半の雌猫が昨日、手術を終え戻ってきました。

昨日ゲージを開けたらピョンと飛び出して手術前と変わらず元気な様子にホッとしました。

ですが、全くご飯を食べず水も飲まず、よく寝ます。

カラーが邪魔そうですが、今はすごく大人しくご飯もあまり食べないままなので、大人しすきで逆に不安です。

このまま一週間カラーを外すまで、様子見で大丈夫でしょうか?
避妊手術後は食欲がなくなるものですか?
気をつけた方がいい事などありますか?

引用元-避妊手術後の猫の様子について。我が家の1歳半の雌猫が昨日、手… – Yahoo!知恵袋

猫の避妊手術後、ぐったり寝は危険かも

その子によって術後の様子は違います。

私が最初に室内飼いしたメスは、手術から帰って来て24時間、飲まず食わずで眠っていました。心配しましたよ。

鼻先にペースト状のフードを塗っても反応がなく、フードがバリバリに乾いても顔を洗う仕草も見せない。

でも丸一日が過ぎる頃に起き出して、部屋の中をウロウロし始めました。

ウチは多頭飼いですが、他の子でそんな状態になった子はいません。

やはり体質や精神的な物が影響するのではないでしょうか。

ただ注意するのは、時間だけでなく寝方ですね。

丸まって寝ているのなら大丈夫ですが、ぐったり力が抜けているような感じだと危険です。病院に連れて行ってあげましょう。

あと術後、気を付けることはカラーをしているので食事が摂りやすいようにお皿はちょっと高い位置においてあげる。

トイレは壁から離してカラーが擦れないようにしてあげる(当然、トイレの蓋は取る)。
砂はトイレの八割を占めるくらい多目に入れる。

カラーのふちがトイレのへりに引っかからないために。

三日もすればカラーをつけたままでジャンプしたり、キャットタワーを登ったり、すごく慣れるのが早いのですが、最初の五時間くらいはバック歩行をしたり、首を垂らして動かなくなったりします。

引用元-避妊手術後の猫の様子について。我が家の1歳半の雌猫が昨日、手… – Yahoo!知恵袋

危険!避妊手術後は猫に傷口を舐めさせない

手術の後

麻酔から覚めたら

完全に麻酔が覚めるまでは動物病院で獣医師の管理下に置かれます。

麻酔後は、消化管機能が正常に戻るまで時間がかかるため、胃腸が正常に働き出す前に食事をとってしまうと食べた物を吐いてしまう恐れがあります。

このため、通常は術後半日程度の絶食が必要となります。

傷口の管理

術後に傷口を舐めないようにするために、通常はエリザベス・カラーや腹帯(メスのみ)を装着した状態で退院します。

お家で傷口のチェックなどをする際、これらを一時的に外すことがありますが、再度装着しようとすると意外に難しいので手間取ってしまったり、結局自宅で着けることができず外しっぱなしになってしまう…なんてことがあります。

退院時にあらかじめ上手な装着方法を獣医さんに聞いておくと安心です。

また、自宅に連れ帰って数日間は、傷口が開いてしまうのを避けるため激しい運動はなるべくさせないようにしましょう。

もし糸が取れてしまったり、舐め過ぎにより術創がただれてしまったり、傷口が開いてしまった場合は、早急に動物病院を受診しましょう。

引用元-獣医師が解説!猫の避妊・去勢に関する正しい知識 – にゃんペディア

猫は絶対に避妊手術をしましょう!

オスを去勢することにより、放浪癖、喧嘩、喧嘩による怪我や病気が減らせます。

FIVなどの病気は喧嘩や交尾で移るのですから、去勢すれば、そのような恐ろしい病気になる可能性も減らせます。

去勢しないオス猫は縄張り意識が強く、他の猫に襲い掛かるだけではなく、人間にも襲い掛かることもあります。

オス猫は勿論、メスでも避妊手術をしないとスプレーをする場合もあり、縄張りのマーキングでスプレーをして近所の人を怒らせたために、虐待や保健所に送られると言う悲劇も減らせるでしょう。

去勢手術は、本当に簡単なものです。傷は、紙で手を切った程度の小さいもの。
術後、痛み止めが無くても、まったく気にもせずに元気にしています。

アメリカでは1キロ以上、2ヶ月以上の子猫から去勢・避妊手術を受けられます。
(ただし、これは愛護団体で里親を探すために早めにする手術で、一般の家庭で行う場合は普通生後4,5ヶ月まで待つように言う獣医さんが多いです)

日本では、生後6ヶ月くらいまで待つように獣医さんに言われるかもしれませんが、最初の発情期を待つ必要はまったくありません。

最初の発情期を迎える前に手術する方が病気を防げます。

とは言っても、やはり、メスの避妊手術は本格的な手術になります。

全身麻酔ですから、まったくリスクがないとは言えないのも本当ですが、病気の手術ではないので、ごく簡単なオペです。

猫エイズや白血病にかかったり子宮筋腫になる危険性を考えれば、ずっと安全です。

引用元-猫は絶対に避妊手術を!

覚えておきたい!猫の避妊手術のデメリット

(1)子供が産めなくなる

当然ですが、繁殖能力を失います。

(2)太りやすくなる

避妊去勢手術をすると太りやすくなる原因は、食欲の増加、活動性の低下、そして安息時の代謝率(横たわっているだけで心臓を動かす、体温を維持するため等に消費するカロリー)の低下であるといわれています。

避妊去勢手術を行うと食欲が増加する理由は、正確には解明されていません。

他の動物の研究で卵胞ホルモンが食欲を抑制する可能性があることから、猫でも性ホルモンが食欲と関係しているのかもしれません。

ただし、このデメリットは飼い主さんがフードの量を適切に調整することで防げることです。

(3)手術と麻酔のリスク

避妊去勢手術は通常健康な状態の猫に行われる手術であり、複雑な手技を必要としません。

手術時間も雄猫なら5分以内、雌猫でも15~30分程度です。そのため、他の手術と比べて手術リスクは低いといえるでしょう。

しかし手術を行うためには全身麻酔をかける必要があります。

そして100%安全な全身麻酔は存在しないのです。

引用元-猫の避妊手術・去勢手術のメリットとデメリット | マイナビニュース

twitterの反応

 - 犬・猫・金魚 ペット

ページ
上部へ