日常に役立つ知恵の図書館

雑学の図書館

ハンドメイドルアーで釣ろう!ミノーの作り方

   

ハンドメイドルアーで釣ろう!ミノーの作り方

今回は、釣り人達のハンドメイドルアーについての話題です。

ルアーとはエサとなる魚を思わせる「疑似餌」のことですが、これをハンドメイドで作る方法をまとめてみました。

中でも「ミノー」の作り方に着目して、達人たちのスゴ技を教えてもらいましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

nisdkksi_tp_v
大阪・名古屋の移動交通手段は何がいい?


大阪から名古屋へ行く時に何を利用したら、一番安く...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
twitterの友達の作り方


何気にツイートしたことが共感を呼んで、友達になる...

eeeac3f861e12ae70f9ce42d1df7fea7_s
c言語の演算結果をcsvで出力する方法


実験のデータなど、c言語の演算結果を保存する事が...

02429f65fdef924dd9c7fb5507e0690b_s
京都や大阪の観光地に行きたい!

関西の観光地と言えば、やはり京都を思い浮かべる人が多いと思い...

376ec1eb0aea948f7c18b22f32d95236_s
法人税は未納消費税があると充当される仕組みとは?


法人税とはその会社が得た所得に対して課される税の...

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s
大学受験で失敗する人の特徴ってある?

大学受験には決して失敗したくないですよね。
...

102ffe004b576ce112262ecadefbb741_s
大学に入ってからも勉強が大変な理系の学生

大学には色んな学部があり、文系と理系とに分けられますが、この...

7f1f0a3ee3ceb90cb2bee842a1662a29_s
カラオケの部屋にカメラは付いてる?

友達とのカラオケは盛り上がりますよね~
盛り上...

5ea9da2e02a3cb3130a4272d445fd116_s
セリーグとパリーグの人気の違いと実力とは?


かつて「人気のセリーグ、実力のパリーグ」と言われ...

d3b47bebcd3bfe8f09734d450ad28f3f_s
心配!子どもの視力が0.4!

最近子どもの視力低下が問題となっています。
...

d5e3fa06d447e7bf8423ca35cb814cca_s
歯医者で麻酔をしたら眠気に襲われる?

歯医者で麻酔を使用しての治療の後眠気に襲われる事ってあります...

802f478894f5c15a2506130411b7725f_s
救急車のサイレンを鳴らさないで来てほしい

救急車は緊急車両なのでサイレンを鳴らしながら走りますよね。 ...

e486bcc0da78030bfeb6b62da4b6f9d4_s
大学時代にもっと勉強すればよかったと後悔しないために

大学に入ると受験勉強から解放され、ついつい遊びに夢中になって...

a1180_012200
賃貸マンションの壁紙張替は誰が負担するの?


賃貸マンションやアパートを退去する時に、壁紙のト...

taka160421400i9a2651_tp_v
大学の奨学金、連帯保証人はどうする?


大学の費用を事前に用意できるご家庭は、最近少なく...

5a5fba869dc89f8a5e20aeca396c5ba7_s
国立大学の学費は、そりゃ私立大学よりは少ないけどね!


子どもの大学進学を考えたら、どんなに本人が希望し...

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s
吹奏楽部初心者必見!!楽器のおすすめ教えちゃう!


初めて吹奏楽部という皆さん、演奏してみたい楽器は...

2e4efb28a402100b6642814b392ea9e5_s
大学入試の志願表、どんな写真を使う?


大学入試の志願表に貼る写真は、それぞれの大学のル...

43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s
どうしよう!赤ちゃんが成長曲線から下回っちゃった


目まぐるしく変わる赤ちゃんの成長。

7d9e4729f8b17a83396cc4a9172aa0d2_s
高校のテストは最初が肝心!?


高校に入ったばかりの最初のテスト、大学受験や就職...

スポンサーリンク


ハンドメイド「シンキングミノー」ルアーの作り方

サイズは48mm、4.0gのシンキングミノーです。

それでは
はじまりはじまり…。

まず...
母材となる「バルサ材」。
子供の頃の模型作りにも使用した、あのバルサです。

バルサ板は3mm、4mm、5mm・・・・といろいろな厚みがあります。
ホームセンターや釣具屋さんで手に入りますが木目の密度で比重が変わってきます。

ハンドメイドルアーの材料を扱う専門店などでは、その密度によりハード、ミディアム、ソフトという風に素材を吟味して販売している様です。

密度の高い(ハード)の方が強度も高く、彫刻等に適していますが、比重は重くなります。

密度の低い(ソフト)ものはその逆が言えるでしょう。

僕はバルサの特性を最大限に生かして…

「キビキビしたアクション」をさせたいので、できるだけ木目の入っていない比重の軽い「ソフトタイプ」を選ぶようにしています。

Kコネクションの場合、厚みは3mm厚のバルサ材を使用します。
(2枚を抱き合わせるので完成の厚みは6mm強)

引用元-Kei流ミノー工房① ~バルサの切出し~|Kei の渓流ミノーイング

ミノーはバルサにこだわる!ハンドメイドルアー作りの達人

ハンドメイド・ミノーの細かい材料や道具、作り方については、他のHPや書籍に譲るとして、よっしーが、こだわっているのは「バルサの品質」です。

マニュアル本では、「バルサは、あまり固すぎず(茶色)、軟らかすぎないもの(白色)がいい」などと書いてありますが、よっしーは、どちらかと言うと「白っぽい柔らかめのバルサ」を好んで使っています。

ウェイトのあるヘビーシンキング・タイプなので、バルサ本体の浮力がないと、姿勢が安定しにくいのです。

 強度も、セルロースセメントのディッピィングを30回程やれば、十分な強度が確保できるので、それほど心配することはありません。

力を入れなくても簡単に削れて、作業が楽で、安全なのもいいですね。

ただ、注意点は、バルサを削って、ある程度成形できた段階で、ちょっと何かにぶつけたりすると、凹んで傷が出来てしまうこと。

セルロースセメントで固める前は、慎重に扱って、傷が付かないように気をつけてください。

引用元-「泳ぐハンドメイド・ミノー作りのコツ」~100本作って分かったこと~: よっしーの散歩

激流に耐えるミノーとは?ハンドメイドルアーのポイント

魚は、流れてくる餌を狙って、ほとんど上流の方向を見て泳いでいます。したがって上流に向かってキャストするのが一般的でしょう。

私はあえてA地点にファーストキャストしてみましたが、BとCの岩璧やその対岸の岩陰から、ヤマメが飛び出してきました。

2度キャストして2尾釣り上げましたが3度めのキャストには一匹のチェイスもありませんでした。

つまり、よほどの熟練者でない限り、同じポイントへのキャストは3度が限界で、その後は別のポイントに移動するのが得策だと考えます。

(例外として、食い気のあるイワナなどは、しつこくキャストして食わせることも可能です)

また、いきなりA地点にキャストせずに、C地点に3度キャストしてからB地点に3度、というように手前から攻めた方が効率が良いでしょう。

ただし、魚に気づかれぬよう注意して下さい。

どの地点を攻めるとしても岩壁ギリギリを狙って下さい。

ルアーを傷つけたくないからと、手前に落とすようなキャストではヒットの確率を落とすだけです。

引用元-渓流ミノーの使い方(自作ルアー”takiミノー”のページ)

ハンドメイドルアーの仕上げのコツ!

あとは色塗ってリップとか付けるだけだから・・・。そうそう最近はFRPのリップを使ってる。理由は万能ハサミで切れるし、割れにくいからだ。

PETやポリカーボネイトだとプラスチックカッターを使わないと割れちゃうし、めんどくさい。市販品でも使われるのが増えてきてるよね。

自分は0.8mmをつかっているけど、市販品をみるともっと薄いね。薄い方が水カミがよく、いい動きをするらしい。

今のストックがなくなったら、もうちょっと薄くしてみよう。

んで、調整だけど、少し軽めに作って、サスペンドにしたいなら、1)リップ、フックを付けて浮かべてみる→2)外してディッピングを繰り返して、サスペンドまで持っていく。

ディッピングとともに体積が増えつつ重さも増える以上、計算ではどうにもならん。

ひたすら繰り返して調整する。

そこまでしても、水温、気温が変われば完全なサスペンドにはならない。比重をぴったり1に出来たとしても、空気中で保存していると、水の中にいれると密度が変わってしまう。

同じ水でも密度の少ない冷水は沈み、密度のの大きい温水は浮くのである。後は、状況に応じて、巻き重りなんかで調整するしかない。

その手間は面倒だが、ぴったり水中で止まることで取れる魚もきっといる!。と信じたい。

引用元-ハンドメイドルアー5(ミノー)

釣り人に聞く「ハンドメイドルアーの醍醐味」とは

2006年からルアーを作り始めてから、もう400本以上作ってきました。

初めは手軽な100円ショップのカラースプレーを使って始めましたが、思いのほかルアーがちゃんと泳いでくれるのに感動し、プラモデル用のエアーブラシを買ってしまい、湿度が低くなる2年目の冬に、また、作り始めました。

それと、自分が作ったルアーに魚が食いつくことのおもしろさも同時に感動し、魚が小さくても釣れることの楽しさと、釣りを始めて、最初に釣った感動を思い返され、自分が思う釣りの楽しさを、もう一つ見つけたように感じています。

また、市販のルアーにはあまりない物を作ることが出来たり、7cmクラスで10g~15gのミノーは探せば有ると思いますが、色や形の気に入った物はなかなか有りません。
私の場合、湖などで岸から使用する時に、遠投することが多いので、小さくて重めの遠投のきくミノーを求めていました。

そのため、シンキングの重いミノーが多いのです。

重いぶん、どうしても泳ぎが鈍くなりがちで、かなり苦労はしましたが、結局ボディーの腹部フックアイから前後5mmほどの所を重心になるようにすれば、ミノーは水平に沈んで行くし、流れで引いてやると、その重心を中心にウォブリングをするのです。(ほとんど目で見たイメージの感覚ですが。)

ここで、大事なことは、ドブ漬けの時に尻尾側をあまり太くしないことがポイントだと思います。

適当に作って思いも寄らない泳ぎに巡り合ったら、釣れるかもしれないし、それもまた楽しいんです。

引用元-ハンドメイドルアーの作り方(1) – 北海道の釣り大好き

twitterの反応

 - ライフハック

ページ
上部へ