日常に役立つ知恵の図書館

雑学の図書館

心配!子どもが全く勉強できない!

   

心配!子どもが全く勉強できない!

子どもがあまりにも勉強ができないと親としては心配になりますよね。

勉強できない子どもは何が分からないのでしょうか?

勉強できる子とできない子の違いとは何なのでしょうか?

また勉強をできる子・できない子にさせるのは親との関わり方でも変わってくるのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

3ed201e61f3cc0c743bb444fae1a7418_s
助けて!エクセルの計算式が反映されない!


会社で聞くに聞けない対処法をまとめてみました。 ...

b4fbc41509e93ba557dbf74017d63970_s
妊娠中期にお腹が固いのは心配?

妊娠中はちょっとした体の変化も心配になってしまうものです。 ...

bc5947b79c4aabcce2cd3e1999703c59_s
二泊三日で海外旅行!予算も安くすませたい!

旅行したいけれど三日しか休みが取れなかった・・・

fd801ae6a9177daab7448f9925524741_s
キッチンのタイルを補修したい!

キッチンのタイルがひび割れしたりはがれたりしたら気になります...

5f8bb0ce34344dac8c11f419199c0259_s
車って任意保険に入らないといけないの?

車に乗ると維持費がかなりかかります。

0a67244aecfe0b4e6ec44c3158d558d1_s
スマホを再起動して快適に!定期的にってどのくらい?


スマホを使いはじめてしばらくすると、だんだん重く...

ms251_akostdram_tp_v
40代でギターを始めるってどうよ!?


子育ても一段落し、少し自分の時間も持てるようにな...

ed46b06e88170237339ef949ff91f3ec_s
教えて!スニーカーのサイズの選び方!

どんな洋服にでも合わせられるスニーカーがかなり人気ですが、 ...

bbcf6a0dd54c595de7aa0b0592681b9b_s
ネット依存のニュースが気になる!

最近よくニュースで、ネット依存についてやっているのを見ます。...

9f6cb09986ad0ce18f9a44410eb87a22_s
みんな旅行の予約はどれくらい前にしてる?

大型連休には旅行に行きたい!でも早く予約しないといっぱいにな...

12e41f075281e8e6fc60a3522957cba8_s
豆腐「一丁二丁・・・」なぜこの数え方?

豆腐ってどうやって数えるか知っていますか?
...

4653fe6f15ff661e970f2707f7514ed3_s
郵便局のキャッシュカードを紛失しちゃった!


ゆうちょ銀行と言えば、送金の手数料が安く、他行と...

66c69d55ca06c0edfc395b1bcc5b7952_s
眼鏡のレンズに付いた傷は研磨で直るのか?

眼鏡のレンズに傷が入ってしまった!自分で研磨して直す事はでき...

nisdkksi_tp_v
大阪・名古屋の移動交通手段は何がいい?


大阪から名古屋へ行く時に何を利用したら、一番安く...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
twitterの友達の作り方


何気にツイートしたことが共感を呼んで、友達になる...

eeeac3f861e12ae70f9ce42d1df7fea7_s
c言語の演算結果をcsvで出力する方法


実験のデータなど、c言語の演算結果を保存する事が...

02429f65fdef924dd9c7fb5507e0690b_s
京都や大阪の観光地に行きたい!

関西の観光地と言えば、やはり京都を思い浮かべる人が多いと思い...

376ec1eb0aea948f7c18b22f32d95236_s
法人税は未納消費税があると充当される仕組みとは?


法人税とはその会社が得た所得に対して課される税の...

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s
大学受験で失敗する人の特徴ってある?

大学受験には決して失敗したくないですよね。
...

102ffe004b576ce112262ecadefbb741_s
大学に入ってからも勉強が大変な理系の学生

大学には色んな学部があり、文系と理系とに分けられますが、この...

スポンサーリンク


勉強ができない子どもは説明されている内容が理解できない

■「文字情報」が弱い場合

書いてある文章の意味を掴みとることが弱い子供がいる。

たいていの場合は、幼稚園~小学校低学年の間にその傾向が出てくるようだ。

こういった生徒は文字を理解するのも苦手だが、小学校低学年だと、文節が区切れない。

「かれは、とてもかなしくおもってむらにかえりました。」

という文章の区切れが掴みづらく、「とてもかな」で切ってしまったりする。

この場合の有効な勉強方法としては、「音読」と「質問」だ。

小学校低学年くらいから、この傾向が出ている子供は母親が子供と一緒に国語の教科書や絵本を読んであげるといい。

なるべくおだてて、楽しみながらやってくれ。残念だが、頭を良くしてあげることは不可能なので、パターンで覚えさせていくしかない。

この時期に訓練を怠ると、小学校高学年・中学生になっても文字情報を理解する力が乏しくなる。

(子供が小学校高学年・中学生の場合は、できる学年まで遡って学習してくれ。)

次に必要なのは、「質問」だ。

音読と合わせて、質問をしてあげるといい。「なぜかれは、とてもかなしくなったの?」と子供に問いかけるのだ。すると、子供はその理由を文章中から探す訓練ができる。

実は文字情報が弱い子供は、文字を文字として認識する能力が乏しいので、

「自分で探す」

自発的な訓練が重要なのだ。

非常に根気のいる作業だが、是非楽しみながらやってくれ。

■言語情報が弱い場合

言語情報が弱い子供は想像する力が乏しい。

「りんごを3個、みかんを10個買いました。合わせて何個ですか?」

と小学校1年生に問いかけてみると、これは算数の問題ではなく、発せられている言語情報が理解できずにわかっていない場合が多い。

そういった子供は、3~5歳くらいから、「どもり」があったり、自分の言いたいことをうまく伝えられないケースが多い。

あるいは、お母さんが言っていることを全然聞いている素振りがなく、「この子全然言うこと聞かないんですよ~。」なんて母親も多い。

実は、言葉が脳に伝達するスピードが遅いだけなのだ。

まず、お母さんに気を付けて欲しいのは、「絶対に子供を焦らせずに最後までしっかり聞いてあげることだ。」

引用元-お母さん必見!勉強ができない子供の特徴と対処法

親の勉強できないは子どもに遺伝する?

(1)「親の私ができなかったから……」という考えは捨てる

『勉強できる子のママがしていること』著者の和田秀樹さんはこうおっしゃっています。

『親が勉強ができなかったから子供も勉強ができないのだ…と決めつけるのはよくありません。

人間は本来それほど知的能力に差があるものではないのです。

もし、親が子供の頃に勉強ができなかったのであれば、それは単に本当に正しい勉強法ができていなかっただけなのだと思います。

正しい勉強法がわからなければ、やる気にさせるノウハウや学力を伸ばすノウハウを持つ教育機関に通わせて、いろいろなことを吸収するようにすることが大事ではないでしょうか。

また、子供に自信をつけさせる一番よい方法は、「自分はできる」と思わせることです。
そのためには「できた」という体験をさせることなのです。

とにかくやらせてみて「やったらできた」という喜びを実感させ、その次にもっとできるようになるためにはもっと努力が必要だということを納得させて努力を続けさせることが大事なのです』

(2)具体的な内容で褒めること

東大名誉教授で開成中高の校長でもある柳沢幸雄氏は、子どもの自信を育てるためには、「褒めること」が重要だとおっしゃっています。

『子どもが何をやりたがっているのかちゃんと観察し、やりたいことが出てきたら抑えつけずにやらせてみる。そして、少しでもできるようになったらしっかり褒める。

そうすれば、成長の好循環に入ってぐんぐん伸びていきます。

ポイントは、具体的に褒めること。

たとえば野球なら、

「ちゃんとストライクが取れるようになったね。すごいね」

と具体的に褒めることで、

“努力しているところをちゃんと見ているよ”

と子どもに伝えることができるのです』

引用元-親のバカは遺伝する!? 勉強ができない子どもに自信をつける方法3STEP | パピマミ

子どもは勉強できないのではなく勉強の面白さがわからない

勉強の面白さが「わからない」

多くの場合に当てはまるのがこのケースではないでしょうか。

勉強が「できない」のではなく、勉強の面白さがわからずに勉強を「しない」という状態になってしまっている場合です。
 
たとえば鉄道についてはすごく詳しい、昆虫についての知識はたくさんある、でも学校の勉強だけはできない、なんていう時にあてはまるのがこのパターンで、好きなこと、興味があることについて知識を身につけられるのであれば、学校の勉強だってできるという場合が多いです。
 
その場合は、いかに学校の勉強に関わることに興味を持たせるか、というのがポイントになります。

たとえば映画を一緒に見た後で、その原作の本を読んで、国語に興味を持つとか、日本の歴史について物語として楽しんで、社会に興味を持つとか、そういったいわゆる「勉強」から少し距離を取った形で、まずは「興味」をもつことができると、いつしか学校の勉強もできるようになっているかもしれません。
 

引用元-【本当に勉強できない?】勉強ができない子どもに共通する3つのケース|ベネッセ教育情報サイト

勉強ができる子とできない子の違いとは

①集中力がある

勉強ができる子はやはり集中力がある。

1つの授業に取り組む時も40~50分間すべてとは言わないが、真剣に勉強に対して取り組む。

1つの問題に取り組む場合も、途中で諦めることはなく、答えを出すまで粘り強く闘う。

逆に勉強ができない子は、集中力が無く、5分もすると違う方向を見たり、あくびをしたり、ペン回しをしたり、違うことを考えているような表情をしている。

1つの問題に取り組む時も勉強ができない子どもは、そもそも考えることを

『めんどくさい』

と感じ、真剣に取り組もうとはしない。

②効率を考える癖がある

勉強ができる子は、自分で勉強をする時に効率よくやることを追求しているように感じる。

例えば、英単語を30個覚えるにしても、

『どうしたらもっと早く覚えられるだろう』、

『どうしたら忘れずに覚えたままでいられるだろう』

という視点があるので、毎日の勉強がどんどん効率良くなっていき、結果として勉強がラクになっていく。

これは、子どもと話をしていると良く気づく。

勉強ができる子は、

『そっか』『なるほど』『そーゆーことか』

といった言葉が多いのだ。

そして、『次はこうしよう』『こうしては駄目だ』『こうしないようにしよう』と未来に向ける言葉が多いように感じる。

普段の勉強に工夫するという視点があるので、他の子がもっと時間がかかってしまう内容をどんどん短い時間でできるようになる。

逆に、勉強ができない子は、何度も同じ過ちを犯してしまう。

高校生を教えていると非常にわかるのだが、毎週単語テストがクリアできない。

例えば、1週間で100個の英単語テストを出されてクリアできなかったとしたら、翌週は、

『どうすれば100個覚えられるのか』『次は100個覚えなくては!』

といった考えになるはずなのだが、

勉強ができない子は、工夫が無いので成長がない。

引用元-勉強ができない子どもと勉強ができる子供の違い。

子どもにガミガミ怒り「いい子」を強要しすぎない

男の子の場合、時にヤンチャな言動をしがちですが、それに対してガミガミ怒り、「いい子」を強要する。いわば、子どもの角をポキンと折って、打たれ弱いヤワな体質にしてしまうことがあるのです。

メシを食っていける大人に育てるには、次の5つの基礎力が欠かせません。

(1)ことば(聞く、伝える)の力

(2)自分で考える力

(3)想い浮かべる(俯瞰)力

(4)試そうとする力

(5)やり抜く力

それらが中・高・大学を経て将来的にはプレゼン力や営業力、課題解決力、忍耐力、リーダーシップといった素養につながります。

小学4年頃までに(1)~(5)の基礎力を子どもに備えさせるのが理想的ですが、同時に何らかの「葛藤経験」をさせ、それを子ども自らが克服し自信を得るということが大切です。

引用元-勉強も運動もダメな子どもに何をさせるべきか ストレスフリーのための全課題:PRESIDENT Online – プレジデント

twitterの反応

 - 子育て

ページ
上部へ