日常に役立つ知恵の図書館

雑学の図書館

声が小さい悩みをトレーニングで吹っ飛ばす!

      2016/11/09

声が小さい悩みをトレーニングで吹っ飛ばす!

声が小さくて悩んではいませんか?

声が小さいと伝えたい事が上手く伝わらず、職場などでも大変な思いをする事もあります。

自宅で簡単に出来るトレーニングで声が大きくなるかもしれません。

トレーニング法や注意点などをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b4fbc41509e93ba557dbf74017d63970_s
妊娠中期にお腹が固いのは心配?

妊娠中はちょっとした体の変化も心配になってしまうものです。 ...

bc5947b79c4aabcce2cd3e1999703c59_s
二泊三日で海外旅行!予算も安くすませたい!

旅行したいけれど三日しか休みが取れなかった・・・

fd801ae6a9177daab7448f9925524741_s
キッチンのタイルを補修したい!

キッチンのタイルがひび割れしたりはがれたりしたら気になります...

5f8bb0ce34344dac8c11f419199c0259_s
車って任意保険に入らないといけないの?

車に乗ると維持費がかなりかかります。

0a67244aecfe0b4e6ec44c3158d558d1_s
スマホを再起動して快適に!定期的にってどのくらい?


スマホを使いはじめてしばらくすると、だんだん重く...

ms251_akostdram_tp_v
40代でギターを始めるってどうよ!?


子育ても一段落し、少し自分の時間も持てるようにな...

ed46b06e88170237339ef949ff91f3ec_s
教えて!スニーカーのサイズの選び方!

どんな洋服にでも合わせられるスニーカーがかなり人気ですが、 ...

bbcf6a0dd54c595de7aa0b0592681b9b_s
ネット依存のニュースが気になる!

最近よくニュースで、ネット依存についてやっているのを見ます。...

9f6cb09986ad0ce18f9a44410eb87a22_s
みんな旅行の予約はどれくらい前にしてる?

大型連休には旅行に行きたい!でも早く予約しないといっぱいにな...

12e41f075281e8e6fc60a3522957cba8_s
豆腐「一丁二丁・・・」なぜこの数え方?

豆腐ってどうやって数えるか知っていますか?
...

4653fe6f15ff661e970f2707f7514ed3_s
郵便局のキャッシュカードを紛失しちゃった!


ゆうちょ銀行と言えば、送金の手数料が安く、他行と...

66c69d55ca06c0edfc395b1bcc5b7952_s
眼鏡のレンズに付いた傷は研磨で直るのか?

眼鏡のレンズに傷が入ってしまった!自分で研磨して直す事はでき...

nisdkksi_tp_v
大阪・名古屋の移動交通手段は何がいい?


大阪から名古屋へ行く時に何を利用したら、一番安く...

f9e326d87748b37fa8ea82da1608c568_s
twitterの友達の作り方


何気にツイートしたことが共感を呼んで、友達になる...

eeeac3f861e12ae70f9ce42d1df7fea7_s
c言語の演算結果をcsvで出力する方法


実験のデータなど、c言語の演算結果を保存する事が...

02429f65fdef924dd9c7fb5507e0690b_s
京都や大阪の観光地に行きたい!

関西の観光地と言えば、やはり京都を思い浮かべる人が多いと思い...

376ec1eb0aea948f7c18b22f32d95236_s
法人税は未納消費税があると充当される仕組みとは?


法人税とはその会社が得た所得に対して課される税の...

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s
大学受験で失敗する人の特徴ってある?

大学受験には決して失敗したくないですよね。
...

102ffe004b576ce112262ecadefbb741_s
大学に入ってからも勉強が大変な理系の学生

大学には色んな学部があり、文系と理系とに分けられますが、この...

7f1f0a3ee3ceb90cb2bee842a1662a29_s
カラオケの部屋にカメラは付いてる?

友達とのカラオケは盛り上がりますよね~
盛り上...

スポンサーリンク


原因によってはトレーニングで声が小さいのは治る

▲精神的な原因

声が小さい原因は、様々なことが考えられますが、精神的な問題と物理的な問題に分けることができます。

精神的な問題には、

・自信がない
・すぐ緊張する
・相手に遠慮や怖さがある

といったことが考えられます。

上記のようなことが精神的負担となって、大きい声を出しにくくしているんですね。

自分自身に、精神的な部分で何かあてはまることはないか、考えてみるのは大切です。

とはいえ、精神的な問題をすぐに解消するのはなかなか難しいですよね。

それでも、これから紹介する大きい声を出す方法を身につけることで、逆に自信がついていくということもあると思います。

▲物理的な原因

物理的な問題には、

・お腹から声を出せていない
・のどを開くことができていない

といったことが考えられます。

物理的な問題は、トレーニングを行うことで改善することが可能です。

引用元-声が小さいと言われたら 大きい声を出す簡単改善トレーニング法

小さい声を大きくするのは簡単なトレーニング法で出来る

トレーニングで物理的に声を大きくする

ずばり、朗読です。

好きな本でも原稿でも、声を出して読むトレーニングを続ければ、声は大きくなります。

いやいや。

だからって、部屋で1人で朗読なんて…病んでる感がハンパない。

そんな心配がある人には、1人カラオケがおすすめ。

リア充も1人カラオケは行く人多いから、特別変な目で見られることはないので、喪女でも安心して入れるよ。

大声で歌う練習を続けていると、地声を大きくすることができます。

1日に数分でも、腹式呼吸を意識すると声を出しやすくなるから、やってみよう。

 

腹式呼吸をマスターしよう

声が小さい人は100パーセントと言っていいほど腹式呼吸ではなく、ただ口だけで話している。

実はただ口だけで話していると声が不安定になり、人に聞きにくい印象を与えてしまう。

とくに会話に自信のないコミュ障の喪女はさらに声が小さくなりがち。

そこでお腹から声が出る腹式呼吸をマスターすれば、自然と大きな声が出るようになる。

腹式呼吸は慣れるまでは難しいけど、慣れてしまえば一生ものになる。

ぜひ1日5分でいいから腹式呼吸のトレーニングをしてみて、実生活で大きな声を出してみよう。

 

1.落ち着ける場所に仰向けに寝そべる

2.リラックスして口から息を吐き、お腹から少しずつ空気を出すように意識する。

3.今度は口ではなく鼻から息を吸う。
 お腹に空気をためるようなイメージで、実際お腹を触ると
 お腹が大きくなるのがわかる。

4.2に戻って口から息をゆっくりと吐く。
 このときとてもゆっくり吐くことがポイントで、口から息を吸った以上
 の時間をかけよう。

 

これを1日5分続けて、徐々に体に覚えさせよう。

自然と日常会話でもこの呼吸法が身に付き、声が大きく自然に出せるようになるよ。

引用元-もう声が小さいなんて言わせない!大きな声を出すトレーニング方法 | 喪女スタイル

声が小さいからといって無理なトレーニングはしない!

本や新聞などから適当な文章を選び、それをできるだけ大きな声ではっきりと朗読してみましょう。

言葉を適当な間で区切り、大きさのメリハリをつけて、聞きやすい言葉で発音しましょう。

これらを繰り返します。

ただし、声を長時間出し続けると、声帯を痛めてしまいます。

発声練習は20分程度続けたら、その後、20分以上は声を出さないようにして、喉を休ませたほうがよいでしょう。

これらの練習をする場合、必ず自分の声を録音してそれを聞いてみて、少しでも進歩があったかどうか確認してください。

もし、録音した自分の声が変に聞こえるようであれば、ここを参照してください。

一般に、自分だけでトレーニングした場合、すぐに効果が出るわけではありません。

少なくとも、1か月以上は続けましょう。

また、トレーニングで効果が出ても、しばらく休むと元の状態に戻ってしまいます。

全くやめてしまわないで、適度に訓練を続けることが必要です。

引用元-小さい声|声の悩みと改善方法|ボイストレーニング

声が小さいことのデメリットは?大きいことのメリットは?

声が小さいことのデメリット

・元気がないと思われる
・弱々しく感じる
・頼りなく思われる
・暗い性格に思われる
・人になめられる
・面接の時に苦労する
・営業や接客の仕事で低い評価を受ける
・恋愛対象に見られない

声が小さい人は、他人から悪い評価を受けやすいです。

声が大きいことのメリット

・元気な人だと思われる
・強そうに感じられる
・頼りがいがありそうと思われる
・明るい性格に思われる
・威厳があると思われる
・上司や後輩・お客さんから信頼されやすい
・モテる

声が大きい人は、他人から好印象を持たれやすいです。

引用元-声を大きくする方法|横隔膜を鍛えるドギーブレス発声練習 – 美しい私を取り戻せ!ずぼらな美容と健康法

遠くに響く良い声の出し方とは

声帯を通して声が出ることは確かなのですが、声帯は頑張ってはいけません。

良い声が出ているときというのは、声帯はリラックスして、大変小さなエネルギーしか使いません。

ただ、それだけでは、遠くまで届く声にはならないのです。
 
響く声で良い発声を行う仕組みとは、声帯で調節した小さな声を、「共鳴」といわれる、鼻の後ろあたりで、響きを増幅させて出しています。
 
だから「今日は声がよく出ているな」と思うときというのは、声帯は楽なのですが、常に鼻の後ろあたりで響きが持続している感覚を持っています。
 
それでは、試しに、その感覚を人工的に作ってみましょうか。
 
小鼻の脇を両人差し指で軽くおさえ、大きく息をすってから、口を閉じて鼻から息を流すように「m~」とハミングしてみてください。

そのとき鼻のあたりが「ビーン」と振動する感じがします。

これを「共鳴ハミング」とよびます。
 
良い声の人は、発声しているときこの振動がいつもあるのです。

これは、楽器が豊かな響きをつくり出しているのと同じ原理です。

バイオリンも、弦に弓を強くこすりつければ強い音がするわけではありません。

ピアノの鍵盤を強い力で叩けば大きな音が出るわけではありません。

プロレスラーが演奏しても大きな音がするわけではないのです。
 
本当に良く響く声を出したかったら、共鳴ハミングのトレーニング方法を行ってみてください。

初めのうちは指で押さえますが、だんだんと、おさえなくてもつかう場所を覚えていきますので、手放しでも響くようになります。

引用元-もう「聞こえない」なんて言わせない 小さな声でも遠くまで声が届くようになる方法 そしてどんな人でも持っている増幅器に気がつくための簡単なトレーニング方法:永井千佳の音楽ブログ:オルタナティブ・ブログ

twitterの反応

 - ライフハック

ページ
上部へ