日常に役立つ知恵の図書館

雑学の図書館

ピアノの先生は厳しい方が上達する?

   

ピアノの先生は厳しい方が上達する?

子どもにピアノを習わせたいけれど、教室選びってなかなか難しいですよね。

優しい先生がいいのか、厳しい先生がいいのか。

子どもがピアノを習う場合厳しい先生の方が上達はします。

しかし優しい先生の方が長く続けられる事もあります。

どちらの先生がいいのかは子どもの性格ややる気次第で決めましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

f21e36efaeeefd324a8dec351828bc2f_s
小学校の同級生に再会して恋愛に発展する時

同窓会で同級生に再会すると恋愛に発展しやすいと

1a8292b530cf279c7287a0e22a2e6bd4_s
医者・弁護士・会計士は資格だけでなくセンスも必要


ハイステータスの職業の人って、お金持ちにみえませ...

b740c7392167b756df621dd5bf048323_s
子供を保育園に預けるのは寂しい思いをさせてしまうんじゃないか

子供を保育園に預けて働くママが増えました。
...

8af08c9e3cd9414e72c68c531329e6b1_s
ホテルでのバイトは大変だけど魅力がいっぱい

ホテルで働くことに憧れている人も多いのではないでしょうか。 ...

1a951bc103f9afaebf37607f714104f4_s
スーパーの総菜コーナーの仕事内容をご紹介!みんなの体験談


おいしいお惣菜を作る「スーパーの総菜コーナー」は...

314d86eaf9231880d5bde575f5978257_s
lineで告白された!男友達と思っていたのに

男友達といつものようにlineしていたら突然告白・・・ <...

55a95417264c101119cc88b7018999eb_s
ヤバい!顔と名前が一致しない!

街中で会って挨拶されたけど

「...

b2ad24e22d304db38a95a38cf44490ad_s
プリンのカラメルを程よく底に配置するコツ


プリンを作る時に、失敗しやすいのがカラメルです。...

a41c4abc3c57b33efc042dac51087c0f_s
恋人とのメール 毎日のやりとりは正直面倒だ!

付き合いたての頃は毎日のメールも楽しくてしょうがなかったけれ...

d7e4f4b6c5757c777b359819835c360a_s
プリンのカラメルがパリパリのやつを食べたい!!!

子供の頃から大好きなプリン

大...

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s
バイトの応募 一度に2つした場合のメリット・デメリット

バイトをしたい時は応募して、面接をし合否を待つという流れです...

d82f45f003d57f5c3fd214edc9b491b2_s
タバコのポイ捨ては罪になるのか気になる!

タバコを吸う人はだんだん減ってきたように感じます。

7b8ecd1ed3883ac2ebf733f16521996d_s
髪型を変えたい!ボブの前下がりが気になる!

ロングにも飽きてきたしそろそろ髪型も変えたいな~

d0c339b4f9604207d4648683a58f45a8_s
コンビニのバイトを研修期間中に辞めたくなってしまった!

コンビニのバイトって楽そう~と思って始めたけれど、やってみた...

880f22f2181937c5937e1a2ea7fe4437_s
平熱が35度台の人の微熱は何度からか知りたい!


平熱が35度台の人が会社を休めるのは何度からでし...

5bb2cdea48e75ad67fe1b61215f05552_s
タイヤのチェーンはフカフカ雪道に効果アリ!


最近では、積もらないはずのところに雪が積もったり...

2ea545e72b5e25b679e0df260fb54485_s
靴の横幅がきつい時、是非試したいハウツー


通販で買う可愛い靴が大好き♡
...

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s
抗うつ薬「アモキサン」の副作用で太る原因や考えられること


薬には少なからず副作用があるものですが、 ...

cbb7b4a8a2a3c1853fe9f8819b9fefa6_s
スーパーの惣菜コーナーのパート内容が知りたい

子育ても少し落ち着いたからそろそろパートに出たいな~と思った...

9d2b07da86ac3073cc2a3716df60ff4b_s
基礎コンクリートに欠けやひび!これって大丈夫?


これから家を建てる人にもぜひ参考にしてほしい、基...

スポンサーリンク


ピアノの先生が厳しい方が子どもの為になるのか

ピアノの先生は、厳しい方が、生徒のためになりますか?

我が子の新しい先生は、厳しいと話しています。

将来、音大か、教育学部のピアノ科へ、進学するために、今までのピアノの先生から、自分は、受験としては教えられないので、受験用の先生に付いた方が良いと言われました。

それで、早速、ピアノの先生が、変わりました。

それまでの先生とは、違い、めちゃくちゃ、厳しいと、我が子が言います。

高1の子供ですが、将来は、ピアノの先生になりたいと、言うから、余計に厳しい指導みたいです。

そこで、質問です。

本人の為には、ピアノの先生は、厳しい方が、良いですか?

将来、子供達を教える立場になるのですから、厳しく指導された方が、良いですよね。

引用元-ピアノの先生は、厳しい方が、生徒のためになりますか? – 我が… – Yahoo!知恵袋

子どもがピアノを習う場合は厳しい先生の方が伸びるが・・

子どもから始める場合、ピアノは一般的には厳しい先生の方が伸びるようです。

というのも、ピアノの上達は練習量にほぼ比例します。

特に技術をつけなければいけない小学生以下の段階では、まだ本人に欲が無いので自主性のみに頼ると練習が不足しがちです。

「練習しないと怒られる」

というプレッシャーがあると否応無しに練習する事になり、結果的に伸びが早いです。

…これは優しいとか厳しいとかの問題ではなく、単に練習量の差なんですけどね。

ただし、これは「厳しくしてもやめない子」の場合です。

厳しいレッスンだと辛くなってやめてしまう子は、優しいレッスンで楽しみながらでも長続きさせた方が、長い目で見れば当然伸びます。

大人の方は、ご自身が「ピアノをやりたい!」と意欲的に通い始める方が大半ですから、先生が厳しく練習練習と言う必要は殆どありません(今時、大人の方に対して怒鳴り散らすような先生は、さすがに居ないと思いますが…)。

レッスン内容も大人同士の対話になりますから、コニュニケーションが取り易く、ポイントを的確にわかり易く教えてくれる先生につくのが良いでしょう。

「大人だし、趣味だから適当に」というスタンスの先生も、生徒さんと真摯に向き合っているとは言い難く、考えものです。

当教室では、大人の生徒さんには、内容に関して必要な事はきちんと教えるけれど、それをどう捉え、どのように練習するかは生徒さん本人に任せる、というスタンスを取っています。もちろん練習方法などで相談を受ければ、お答えするようにしています。

一昔前までは、「お稽古事は厳しいもの」という考えが一般的だったので、多少厳しくても上達が求められていましたが、最近は「お稽古事は楽しむもの」という考えが一般的になって来たため、優しい先生の方が厳しい先生より人気のようです。

引用元-A18

厳しいピアノの先生の方がいいかは子どものやる気次第

優しい温子先生

私の長女の三奈は幼稚園を卒園するころからピアノを習い始めました。

幼稚園の教室を借りて温子先生という外部のピアノの先生が開いていた教室に行きました。

幼稚園児の生徒が多いこともあり、優子先生は優しく教えてくれます。

ピアノを無理なく楽しく習いたいという子にはピッタリです。

でも、年に3回の発表会を聴きに行くとちょっともの足りない感じがしました。

「あの子は何年も習っているはずなのにまだこれしか弾けないの?!」

厳しい範子先生

3年ほどしてから、次女の四つ美にもピアノを習わせることにしました。

四つ美のお友達が通う範子先生のピアノ教室が良さそうだと聞いたので、この際三奈も一緒に入りなおしました。

範子先生は温子先生とは違いました。

「来週までにここをこういうふうに練習してきなさい!」と課題が出されます。

次の回に上手く弾けないと「ダメよ、ダメダメ!。ちゃんと練習したの?!(怒)」と怒られてしまいます。

課題をこなすには毎日練習しなくてはいけません。

でもおかげさまで三奈も四つ美もずいぶん上達しました。

ヤル気度合いに合った教室を選ぼう

ピアノを楽しく習いたい。それほど練習時間を取れそうにないし厳しい教室にはついていけそうにない、という子は温子先生のような教室が向いています。

一方、ピアノを上手く弾けるようになりたい。

上達するためのにきちんと練習する鍛錬もさせたい、という子には範子先生のような教室が向いています。

範子先生の教室でもあまり練習せず上達しない子もいます。

そんな子は、発表会のときに年下の子が難しい曲を弾いているのに自分は簡単な曲も弾けない、と惨めな思いをしてしまうかもしれません。気にならないのならよいのですが。

ピアノにどれくらい力を入れるのか、をピアノ教室に入れる前に考えましょう。そして通っている子やその親に話を聞いてどんな先生かを把握しておきましょう。

引用元-女の子の習い事の定番 ピアノ教室に通わせるときの3つの心構え

間違うと手を叩く先生は子どもの為にならない

☑叩く指導は必要か?

まあそもそも熱心がゆえであったとしても叩くことには反対ですね。
 
小学生くらいだったら間違えたことくらい自分でわかるでしょう。

その上で叩くのは生徒を委縮させる行為、そして講師のイライラを晴らす為の行為にしか思えません。
 
普通はことばで「そこ違う」といったり鍵盤のふちを叩いたりとかその程度で済ませますよ。
 

➔叩かなくても子供はわかる

子供はとても敏感なのでわざわざ叩かなくても声色の変化や表情なんかで、緊迫感は十分感じとっています。その上で叩くのは体罰とさして変わりません。
 
実際叩かれたことがトラウマでピアノが嫌いになる子も少なくありません。

芸術性を育むことができるピアノをそういった理由で嫌いになってしまう子がいることが残念でなりません。

引用元-怒ると手を叩くピアノの先生の対処法

子どもには何歳からピアノを習わせるのがいいのか

ピアノを習い始める年齢は、5歳~8歳ころが適しています。早ければよいというものでもなく、ピアノを始めるための下地となる能力がついている必要があります。

☑ピアノの鍵盤を弾けるくらい指の力がある
☑音の名前、指の名前、鍵盤の位置などが、無理なく理解できる

小さいうちは、まだ手も小さく指の力も弱く、鍵盤をたたくのが大変ですし、楽譜の読み方を教えるにしても、音の名前、指の名前、鍵盤の位置などを理解できないうちは学習は困難です。

それぞれの子供の成長に合わせて、ピアノを学習できると判断できた時に始めるのがよいでしょう。

また、音感を養うためには8歳ごろまでに始めるのが効果的です。

ピアノによる様々な学習効果は、楽しんでするほうがより高くなります。

子供は集中力や持続力も限られていますので、練習を無理強いされることで逆にピアノが嫌いになってしまうこともあります。

引用元-ピアノを子供に習わせることによる効果は?何歳から?選び方は?

twitterの反応

 - 勉強

ページ
上部へ