日常に役立つ知恵の図書館

雑学の図書館

知ってる?公園によくある遊具の名前

   

知ってる?公園によくある遊具の名前

子供の頃よく遊んだ公園。あのグルグル回る丸い遊具に動物にバネが付いた乗り物。さて名前は何だったっけ?

そんな懐かしい公園の遊具の名前を集めてみました!

さらに変わった名前の遊具や懐かしい昭和の思い出まで、ぜひ読んでみて下さい。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

376ec1eb0aea948f7c18b22f32d95236_s
法人税は未納消費税があると充当される仕組みとは?


法人税とはその会社が得た所得に対して課される税の...

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s
大学受験で失敗する人の特徴ってある?

大学受験には決して失敗したくないですよね。
...

102ffe004b576ce112262ecadefbb741_s
大学に入ってからも勉強が大変な理系の学生

大学には色んな学部があり、文系と理系とに分けられますが、この...

7f1f0a3ee3ceb90cb2bee842a1662a29_s
カラオケの部屋にカメラは付いてる?

友達とのカラオケは盛り上がりますよね~
盛り上...

5ea9da2e02a3cb3130a4272d445fd116_s
セリーグとパリーグの人気の違いと実力とは?


かつて「人気のセリーグ、実力のパリーグ」と言われ...

d3b47bebcd3bfe8f09734d450ad28f3f_s
心配!子どもの視力が0.4!

最近子どもの視力低下が問題となっています。
...

d5e3fa06d447e7bf8423ca35cb814cca_s
歯医者で麻酔をしたら眠気に襲われる?

歯医者で麻酔を使用しての治療の後眠気に襲われる事ってあります...

802f478894f5c15a2506130411b7725f_s
救急車のサイレンを鳴らさないで来てほしい

救急車は緊急車両なのでサイレンを鳴らしながら走りますよね。 ...

e486bcc0da78030bfeb6b62da4b6f9d4_s
大学時代にもっと勉強すればよかったと後悔しないために

大学に入ると受験勉強から解放され、ついつい遊びに夢中になって...

a1180_012200
賃貸マンションの壁紙張替は誰が負担するの?


賃貸マンションやアパートを退去する時に、壁紙のト...

taka160421400i9a2651_tp_v
大学の奨学金、連帯保証人はどうする?


大学の費用を事前に用意できるご家庭は、最近少なく...

5a5fba869dc89f8a5e20aeca396c5ba7_s
国立大学の学費は、そりゃ私立大学よりは少ないけどね!


子どもの大学進学を考えたら、どんなに本人が希望し...

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s
吹奏楽部初心者必見!!楽器のおすすめ教えちゃう!


初めて吹奏楽部という皆さん、演奏してみたい楽器は...

2e4efb28a402100b6642814b392ea9e5_s
大学入試の志願表、どんな写真を使う?


大学入試の志願表に貼る写真は、それぞれの大学のル...

43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s
どうしよう!赤ちゃんが成長曲線から下回っちゃった


目まぐるしく変わる赤ちゃんの成長。

7d9e4729f8b17a83396cc4a9172aa0d2_s
高校のテストは最初が肝心!?


高校に入ったばかりの最初のテスト、大学受験や就職...

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s
どうしよう!アトピーで顔が真っ赤になった!

顔にアトピーが出てしまうと真っ赤になってとてもツライですよね...

2902b9cc969749c0e1478baaeab15c35_s
お腹がゴロゴロ これって胃腸炎?

冬になると胃腸炎になる人が増えるのでお腹がゴロゴロしてきたら...

c3b7ea6fbe74336f036745b0e1f8bb22_s
セブンイレブンでcd購入するといいことある!?


最近は、音楽をネットで購入する人が増えてきました...

da1fbce7013081303d8a58f43e95a125_s
踏切では一時停止しないのは違反です

踏切を通過する時一時停止しない車多いですよね。

スポンサーリンク


公園にあるグルグル回す遊具の名前は?

Google先生に聞いてみたところ明確な答えはないみたいですね。
何個か挙げられていたので紹介しますね。

・グローブジャングル
・地球ジム
・回転ジャングル
・回旋塔
・回転遊具
・グローブジム

こんな感じでまとめられていました。一番多く聞かれたのが「グローブジャングル」かな。

引用元-公園にあるぐるぐる回すやつの名前 | 自由で豊かな未来のために

この名前知っていますか?今はもう無い公園の遊具「遊動円木」

先日の「遊具の安全に関する基準 JPFA-S:2008」の説明会に出席して、一つだけ質問したロープウェイの基準について、これをきちんと実測して次の改定に役立てたいと考えていました。

会社から遠くない市内の現場に比較的新しい製品が設置されているので、この場所を下見したいと思いました。既に設計と工場から数人が出かけて実測した現場です。

紙に簡単な地図を走り書きしてもらって車で出かけたのが昨日の4時過ぎです。

前橋市に合併された旧大胡町のバイパスから左に曲がるような地図でしたが、細い道に迷い込んでしまいました。

ゆっくり車を進めると眼に入ったのが遊動円木です。

先日、市内の住宅団地内の公園でも遊動円木を発見しましたが、これは妙にモダンな遊動円木で、私たちが子ども頃遊んだものとはまるで違います。

引用元-昔ながらの遊動円木を発見! – 271828の滑り台Log

可愛い!大正公園の遊具の名前

「道くさのせかい」の詳細を見てわかったのは、シリーズ遊具であること。

全部で4つの遊具からなる「道くさのせかい」は、それぞれが植物をイメージして作られているようです。
上記の写真では緑の登り棒群が「まめの木」、黄色のハンドル的なのが「たんぽぽ」
それ以外に、「はな」「葉っぱ」が存在するようです。

このシリーズのコンセプトは「狭小地」で、狭い場所におけるのと管理維持費が安いのが特徴のようです。
そしてこのシリーズをどんどん植えていく(公式ページの表現の通り)ことにより、ファンタジックな空間が生まれるんだそうです。

東京は土地が高く、子どもの遊び場である公園の面積が小さいというのは皆さんご存知の通り。
台東区の下町も例外ではありません。

ただ、そこで「仕方ない」と諦めてしまうのではなく、こういう狭小地をフルに活かせる遊具を設置し子どもが安全に身体を動かせる場所を作っていくという活動に胸を打たれました。
やはり台東区は素晴らしいですね。

大正公園、「まめの木」「たんぽぽ」だけでなく、「はな」「葉っぱ」の設置も期待しております。

引用元-「大正公園」の遊具の名称はファンタジー: 東京おもしろ日記

安全な遊具を設計する為に研究がされている

登り部分では、4歳から6歳の子どもにあった手がかり・足がかりを考案し、(1)対象としない低年齢の子どもが容易に登ってしまわないようにする工夫、(2)対象とする年齢(4歳から6歳)では、大きな力を必要とする(転落の危険がある)箇所を地面から低い高さにする工夫、(3)登りきる部分では確実に登りきらせる工夫を施しました。

さらに、転落箇所全部を砂場(深さ20cm以上確保)としました。

具体的には、以下のような設計を行いました。

・最下層(地面から高さ1mまで)は、1歳児から2歳時が登ろうとした際に、
 容易に登れないように、20cmまたは30cmといった高さが高い石を並べる。

・真ん中の層(地面からの高さが1m以上1.5m以下の部分)では、
 運動能力や身体に合わせて、さまざまなチャレンジが可能なように、
 多様な高さ、深さをもつ石を並べる。

・最上層(地面からの高さが1.5m以上2.0m以下)は、転落の危険性を
 低減するために、10cmの高さしかない石を並べ、手や足の探索範囲内で
 容易に適切なブロックを探索できるように並べる。

図3に、試作した遊具の写真を示しました。

実際に子どもたちに使ってもらって、改善を行うために、保育園に協力頂けることになり、今年2月に桑の実保育園に設置しました。

遊具デザインの観点からは、今回の結果は、子どもの行動観察とそこから導き出された知見を活かすことで、危険や難易度が制御された遊具のデザイン、別の言い方をしますと、エビデンスベースな(科学的根拠に基づく)デザインが可能であることを示しています。
本プロジェクトでは、引き続き、保育園と協力し、設置された遊具の検証を進める計画です。

引用元-産総研:遊具プロジェクト

昭和っ子には懐かしい思い出の遊具

思い出の遊具のランキングは、何といっても

1位 ブランコ (これは王様ですよね)
2位 すべり台
3位 シーソー
4位 鉄棒
5位 砂場

なんか当たり前のような結果だが、最近は遊具のある公園が本当に少なくなってしまった。

娘の大好きなジャングルジムは、6位でした。

投稿のお手紙の中には、「思えばよく大けがなく育ったものだ」と
いう述懐が多かったようだ。

打ち身、擦り傷は当たり前、歯や骨を折り、何針も縫う裂傷を負い、股間を打って悶絶、頭から落ちて失神・・・・など「昭和な子どもたち」のやんちゃ体験談が多く寄せられたそうだ。

痛い思いをしながらも、危険を察知する能力や判断力を養い、体を鍛え、ルールを学ぶ。

出来ない悔しさとあきらめない気持ち、できたときの喜びが成長を促す。

そうした機会を今の子たちにも与えてあげたいという意見が多かったようだが、安全対策が優先の昨今、両立を目指すのは大変であるとも。

私たち「昭和っ子」は、確かに親の目など気にすることなくやんちゃな遊びをたくさんしてきたなあと思う。

怪我もたくさんした。
我が家の娘も息子もしかり。
次男以外は、二人とも骨折経験あり。何針縫ったかわからない長男。
そうやってワイルドに育ってきたんですよね。

引用元-懐かしの公園の遊具|鬼嫁介護日記

twitterの反応

 - 社会 ニュース

ページ
上部へ