日常に役立つ知恵の図書館

雑学の図書館

お客様は神様?アメリカは『投げる』新聞配達

   

お客様は神様?アメリカは『投げる』新聞配達

料金を支払っている「こと」や「モノ」を乱暴に扱われると日本では苦情が殺到しそうだがところ変われば考え方も違うのか?

アメリカでは新聞を配達するとき投げるらしい。

配達する側としては円滑に仕事をこなせるだろう。

そして日本の配達員は羨ましい環境かも。

その実態はいかに?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

02429f65fdef924dd9c7fb5507e0690b_s
京都や大阪の観光地に行きたい!

関西の観光地と言えば、やはり京都を思い浮かべる人が多いと思い...

376ec1eb0aea948f7c18b22f32d95236_s
法人税は未納消費税があると充当される仕組みとは?


法人税とはその会社が得た所得に対して課される税の...

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s
大学受験で失敗する人の特徴ってある?

大学受験には決して失敗したくないですよね。
...

102ffe004b576ce112262ecadefbb741_s
大学に入ってからも勉強が大変な理系の学生

大学には色んな学部があり、文系と理系とに分けられますが、この...

7f1f0a3ee3ceb90cb2bee842a1662a29_s
カラオケの部屋にカメラは付いてる?

友達とのカラオケは盛り上がりますよね~
盛り上...

5ea9da2e02a3cb3130a4272d445fd116_s
セリーグとパリーグの人気の違いと実力とは?


かつて「人気のセリーグ、実力のパリーグ」と言われ...

d3b47bebcd3bfe8f09734d450ad28f3f_s
心配!子どもの視力が0.4!

最近子どもの視力低下が問題となっています。
...

d5e3fa06d447e7bf8423ca35cb814cca_s
歯医者で麻酔をしたら眠気に襲われる?

歯医者で麻酔を使用しての治療の後眠気に襲われる事ってあります...

802f478894f5c15a2506130411b7725f_s
救急車のサイレンを鳴らさないで来てほしい

救急車は緊急車両なのでサイレンを鳴らしながら走りますよね。 ...

e486bcc0da78030bfeb6b62da4b6f9d4_s
大学時代にもっと勉強すればよかったと後悔しないために

大学に入ると受験勉強から解放され、ついつい遊びに夢中になって...

a1180_012200
賃貸マンションの壁紙張替は誰が負担するの?


賃貸マンションやアパートを退去する時に、壁紙のト...

taka160421400i9a2651_tp_v
大学の奨学金、連帯保証人はどうする?


大学の費用を事前に用意できるご家庭は、最近少なく...

5a5fba869dc89f8a5e20aeca396c5ba7_s
国立大学の学費は、そりゃ私立大学よりは少ないけどね!


子どもの大学進学を考えたら、どんなに本人が希望し...

f677451b587a076d49e07d25aa4dadef_s
吹奏楽部初心者必見!!楽器のおすすめ教えちゃう!


初めて吹奏楽部という皆さん、演奏してみたい楽器は...

2e4efb28a402100b6642814b392ea9e5_s
大学入試の志願表、どんな写真を使う?


大学入試の志願表に貼る写真は、それぞれの大学のル...

43d1bfcff2c7c4d5bdfbea04ca69a758_s
どうしよう!赤ちゃんが成長曲線から下回っちゃった


目まぐるしく変わる赤ちゃんの成長。

7d9e4729f8b17a83396cc4a9172aa0d2_s
高校のテストは最初が肝心!?


高校に入ったばかりの最初のテスト、大学受験や就職...

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s
どうしよう!アトピーで顔が真っ赤になった!

顔にアトピーが出てしまうと真っ赤になってとてもツライですよね...

2902b9cc969749c0e1478baaeab15c35_s
お腹がゴロゴロ これって胃腸炎?

冬になると胃腸炎になる人が増えるのでお腹がゴロゴロしてきたら...

c3b7ea6fbe74336f036745b0e1f8bb22_s
セブンイレブンでcd購入するといいことある!?


最近は、音楽をネットで購入する人が増えてきました...

スポンサーリンク


アメリカの新聞配達の人は雨の日も投げるのだろうか?

うちの辺りでは、雨の日も晴れの日も、新聞はビニール袋に入っていました。

新聞配達人は車でした。右手でハンドルを握り、車の窓から左手を出し、新聞が車の上を飛んでフロントヤードに着地していました。

また、地域か州によるのだと思いますが、ポストへの新聞の投函が禁止されている所でした。

「ポストは郵便局の管轄」という法律がありましたので。ま、チラシも禁止でしたので便利でしたがね。

引用元-アメリカは新聞を庭に投げてポスティングしますが、雨の日はどうするのでし – 英語 解決済 | 教えて!goo

アメリカでは新聞をポストに入れてはいけない法律があります。

郵便ポストには、法律上入れることはできない。

というより、物理的に不可能である。

日曜版などはページ数が150ページ近くあり、

チラシが約400枚、総重量は1キロを優に超える。

メイン、スポーツ、ビジネス、募集、不動産、旅行、アート、テレビ番組、クルマ、グルメと盛り沢山な内容。

これに、クーポンのページが入るので、電話帳くらいの分厚さになる。

引用元-「新聞配達」はつらいよ。|ロイ大畠@アメリカの不思議、ぜ~んぶ見せます。

新聞配達のおじさんにクリスマスプレゼントでチップ

お隣に毎朝配達される新聞は、ドライブウェイにヒモでとめられて無造作に置かれている。(置かれる瞬間は、まあ投げられているというか、「ポイッ。」て言う感じで。

クルマは、左ハンドルの(たぶん自分の?)Fordとかのピックアップ。配達は、am6頃に来ますがまだ他の車も走ってないので道路の左側を走ってます。→コレに関して苦情が出たとは、聞きませんでした。

ウチは、週末版のみを購読してたので新聞の厚みがチラシを合わせて10cmほど(毎週、日本のお正月状態)になり、配達時はとても投げられる厚さ(重さ?)ではありません。

最初は、ドライブウェイの入り口付近に「ドサッ。」て置かれてましたが、Xmasプレゼントで日本のポチ袋に20$入れて差しあげたら玄関口のひさしの下まで置きに来るようになりました。

晴雨にかかわらずうすーいプラスチックの袋に入ってます。

配達人は、メキシコ系の60代のおじさんです。

引用元-アメリカの家に住んでいると新聞投げられる? – やっぱり映画にあるよう… – Yahoo!知恵袋

日本とアメリカの新聞配達の違いは?投げるが、それで良い!

日本だと、丁寧にママチャリを止めて、ポストに新聞を入れていく。 アメリカだと、マウンテンバイクを走らせながら、新聞を玄関の扉の近くに投げていく。

大量生産を重んじるアメリカ人は合理的だ。無駄を省くことが生活の一部なのだ。ポストに丁寧に入っていない新聞を見ても、腹を立てることはない。 但し、新聞がすっかり濡れてしまい、文字が読めないばあいは、苦情の電話を掛けているかもしれないが。

考えてもらいたい。

霜降る、厳しい冬の朝を。 ガウンをはおってコーヒーを片手に、家の扉を開けて、白い息を吐きながらポストまでの道のりを新聞を取りに行く。

雪國育ちの私には、なんてことはない。 肌がピシャリとして気が入っていい。 しかし、*アメリカ人にはどうだろうか? (*私の歴史に登場してきたアメリカ人に限定する。)

凍るような冬の朝、扉を開けると目の前に新聞が落ちている。 ポストまで歩く必要がないので合理的。

配達員も新聞を投げるだけなので時間が省ける、受取人もすぐに新聞を拾えるので時間が省ける、両者共に能率的だ。

日本産業が讃えられるのは、丁寧な気配りやサービスが顧客に充実しているからだと、アメリカで働くようになってから思うようになった。 その半面、そこまでしなくてもいいのではないかという、過保護で無駄なサービスも目につくようになる。

日本は『頑張ります精神』が強くて、職場に『頑張ります精神』を、どこでも、だれにでも、いつでも求め過ぎていて、過労死させているように、私には映る。

アメリカにも『頑張ります精神』は歓迎されるし、昇格という名で認められる。 けれども、アメリカ企業は過労死をさせるまで従業員を追い込むことはないし、アメリカ人は過労死するまで自分を追い込まない。

私は日本人の『頑張ります精神』を美学だとは見ていない。

それは、頑張っている自讃だろう。 自分だけならいいが、他人に押しつけるのは『苛め』ではないのか。

『頑張ります精神』

時間が達てば、衰えていく。だから、初めからホドホドに構えて『ホドホドでやってみます精神』の方がいい。

引用元-新聞配達から見た日米比較 | 結婚19年アメリカ人夫婦の会話&晩ご飯フォト日記 – 楽天ブログ

アメリカの新聞は、ニーススタンドで買うもの

日本では新聞は家に配達されるのが普通です。読者の方には朝刊と夕刊をセットで購読されている方も多いでしょう。アメリカでは日本ほど宅配制度が普及していません。また、夕刊紙というものもほとんどありません。新聞はほとんどの場合がニューススタンドや道端の自動販売機で購入するものなのです。

 僕が学生時代にアメリカに留学したとき、最も驚いたことの一つがこれでした。日本では朝起きれば新聞が届いているというのが普通でした。もちろん、アメリカにも宅配制度はありますが、ほとんどの人は通勤・通学途中にニューススタンドなどで買うのです。

 値段が安いのもアメリカの新聞の特徴でしょう。新聞によっても異なりますが、1部50セント(約60円)というのが一般的のようです。そして、週末になると値段が1ドルになるというのも驚きでした。その代わり、日曜版には近くのスーパーなどで使うことのできるクーポンやクラシファイド(土地や車などの販売情報や広告、求人広告)が大量に含まれています。平日の新聞の3倍くらいの分量はあるでしょう。

 さて、アメリカではどこに行ってもその街で発行している新聞というものが必ずあります。そして、一般に流通している新聞はいわゆる全国紙よりも街で発行する地方紙のほうが圧倒的に多いのです。

引用元-アメリカの新聞に見る地元意識 | 記者ほど素敵な商売はない by HIROSHI IKEZAWA / 生沢 浩 | 英語とお仕事 | The Japan Times ST オンライン ― 英字新聞社ジャパンタイムズの英語学習サイト

サンフランで暮らしていたときは配達頼んでましたが発行部数の1%以下と思えるくらいレアな購読方法の様ですね。邸宅に住んでいるような人しか宅配は頼んでいないようでした。

引用元-ニューヨークには新聞配達は存在する? – その他(海外) | 【OKWAVE】

アメリカの新聞配達の方は「投げる」だけではありませんよ!

頼んでもいないのにチップ欲しさに毎週末、
我が家に新聞を届けてくれたアパートのドアボーイ
がいました。

身近で新聞配達をしてもらっているとの話は
聞いたことがありませんが、あってもそれは
メジャーではない気がします。

引用元-ニューヨークには新聞配達は存在する? – その他(海外) | 【OKWAVE】

twitterの反応

 - 海外 留学 国際

ページ
上部へ